ガンバ大阪 ジュニアユース 再生この方が語る「吹田の魅力」はこちらから

下西はるとさん

吹田市内で、ひたむきにサッカーボールと向き合う少年がいた。
彼は市内の中学校に通いながら、
ガンバ大阪のジュニアユースとして活躍する中学校2年生だ。
「ガンバのまち、吹田」だからか、
彼のお兄さんもサッカー少年だったからか、
彼がサッカーに夢中になったのはごく自然なことだった。

下西はるとさん下西はるとさん

テスト期間の合間をぬって、取材に答えてくれた彼はこう語る。
「将来はサッカー選手になりたい。」
勉強と夢の両立。
大人でも「仕事とプライベート」の両立は大変で、
弱音を吐きたくなることもある中、
彼は文句も言わず、今日もグラウンドに立つのだ。
グラウンドに立つ姿はとても生き生きとしていて、凛々しい。
彼のようなサッカー少年たちが、いつか「サッカー選手になる」
という夢を叶えるその日を見守る環境が、ここ、吹田市にはある。

下西はるとさん下西はるとさん