吹田くわい焼酎「芽吹」

吹田くわい焼酎「芽吹」吹田くわいは吹田名産の野菜で、今から三百年前の江戸時代の著書などでも紹介されています。 庶民の間では、芽が出ていることから、「芽出たい=目出たい」とかけあわされ、新年を祝う正月のおせち料理によろこんで使われました。 吹田くわいは中国原産の白くわいや青くわいなどとは異なった吹田原産の植物であり、他のくわいに比べて小ぶりでやわらかく、甘みがあるのが特徴です。 京都御所の御料池だった当時の吹田村(現在の大阪府吹田市)では、江戸時代初期から明治時代まで毎年京都の禁裏へ「吹田くわい」を献上していました。 この由緒正しい吹田くわいを使って、目出たいお酒「芽吹」は造られました。 さっぱりとした風味と上品な甘みをお楽しみください。

芽吹きの購入

前のページに戻る