旧中西家住宅(吹田吉志部文人墨客迎賓館)


旧中西家住宅(吹田吉志部文人墨客迎賓館)江戸時代の学者で漢詩人でもあった廣瀬旭荘は、旧中西家住宅を「其宅華麗 殆類候居(華麗で、諸侯が住まう家のようだ)」と讃えました。文化財を吹田市のために役立てたいという中西家の御厚志により、平成19年(2007年)1月に家具や調度品、絵画や古文書などの文化財とともに、吹田市に寄贈されたものです。