医療機関のまち

吹田市には、医療機関が集積しています。特に国内で6つしかない国立高度専門医療センターの1つである国立循環器病研究センターをはじめとして、大阪大学医学部付属病院、済生会吹田病院、済生会千里病院等、高度な医療機関を数多く有する「医療機関のまち」でもあります。

国立循環器病研究センター

国立循環器病センター

国立循環器病研究センターには研究所が併設されており、我が国における有数の循環器病研究施設であり、文部科学省から学術研究機関としても認められています。また、大阪大学と連携大学院を構築して教育、研究を共同で行い、彩都の医薬基盤研究所等との共同研究なども活発です。毎年多くの論文を有名学術誌に掲載していることなど、多くの研究実績も有しています。医療機関としてのみではなく、研究機関としても知られています。

大阪大学医学部附属病院

大阪大学医学部附属病院
大阪大学医学部附属病院は、1869(明治2)年、大阪市上本町大福寺に緒方惟準(これよし)を病院長にオランダ人医師・ボードウィンを医師及び診療伝習掛として招いた政府直轄病院が設置されたのを始まりとします。 1993年(平成5年)に吹田市に移転し、現在その構成は内科、外科などの30診療科、放射線部、臨床検査部などの37中央診療施設と薬剤部、看護部、医療技術部、事務部を有し、病床数1076床を擁するわが国でもトップクラスの21世紀の大学病院として日々活動してます。

済生会吹田病院

済生会吹田病院

済生会吹田病院は、戦後間もない1945(昭和20)年に旧吹田町役場跡に開設、1998(平成10)年に現地川園町へ新築移転しました。移転を機に、医療施設の刷新、診療機能の拡充に併せて、臨床研修病院の指定、日本医療機能評価機構・ISO9001・エコアクション21などの第三者評価認証や、電子カルテの導入など医療の質向上と地球環境保全に向けた取り組みを行なっています。また、医療連携推進のために開放型病院として地元開業医の先生方との役割分担、定期的な症例検討会等を開催しています。そして大阪府地域周産期母子医療センター、大阪府肝炎専門医療機関、地域医療支援病院、大阪府がん診療拠点病院の指定病院でもあります。
平成14年度からは患者さんや地元住民を対象とした市民健康講座「かけはし講座」スタートするなど、良質な患者サービスを提供し、社会福祉法人の病院として、公的医療機関としての使命を果たしています。

特定機能病院
国立循環器病研究センター  ・大阪大学医学部附属病院

三次救急医療施設
大阪大学医学部附属病院 高度救命救急センター  ・済生会千里救命救急センター

その他公設病院など
大阪大学歯学部附属病院  ・済生会吹田病院  ・済生会千里病院  ・大阪市立弘済院附属病院  ・市立吹田市民病院   ・吹田市立休日急病診療所

マークのついているページは吹田市からの委託事業です。

前のページに戻る