「太陽の塔」内部公開100日前カウントダウンが始まりました

大阪府は、現在、大阪のシンボルである「太陽の塔」内部の耐震改修工事及び内部展示物の復元・再生作業を進めています。その「太陽の塔」内部の公開開始日が2018年3月19日(月)に決定しました。そこで2017年12月9日(土)より吹田市にあるららぽーとEXPOCITY内「光の広場」及び「空の広場」の大型ビジョン、館内の約100台のモニターでカウントダウン映像の表示が開始されました。※EXPOCITYでのイベント開催状況によっては、予告なく変更になる場合があります。
DSC_0013
「太陽の塔」内部公開をよりわかりやすくPRするため、岡本太郎記念館のご協力のもと、同館に設置の「コップのフチの太陽の塔」のモニュメントを内部公開日まで「光の広場」大型ビジョンの上部に設置されています
DSC_0016

日付入り告知
↓以下は12月10日(日)のカウントダウンパネルです
DSC_0018
DSC_0021
ららぽーとEXPOCITY内1階にある「吹田市情報発信プラザInforest(インフォレスト)すいた」でも、大阪万博の開催地として、48年ぶりの「太陽の塔」内部公開を地元から盛り上げていきたいと「吹田市情報発信プラザInforestすいた」のスタッフが手作りのパネルでカウントダウンを始めました
DSC_0025
以下の画像は翌日12月10日(日)のカウントダウンパネルです
IMG_0298
「吹田市情報発信プラザInforestすいた」では、12月23日(土)から1月31日(水)まで、「太陽の塔」内部公開に関する貴重な資料をパネルや動画で展示紹介する「太陽の塔内部公開直前フェア」を開催します。「太陽の塔」の内部公開が待ちきれない方はぜひご来場下さい。
また、「吹田市情報発信プラザInforestすいた」では、「太陽の塔」内部再生事業にご寄附下さった方に直送の「太陽の塔」の記念品のサンプルを1月31日(水)まで常設展示しています。

DSC_0001
この他、「太陽の塔」の顔出しパネルの撮影コーナー、「コップのフチの太陽の塔」のガチャガチャ他、「太陽の塔」のグッズ、岡本太郎のグッズ、大阪万博グッズの販売コーナーがあります。
DSC_0031
外観写真

■「吹田市情報発信プラザInforestすいた」へのアクセス
〒565-0826 吹田市千里万博公園2-1 ららぽーとEXPOCITY 1階 店舗番号10541大阪モノレール「万博記念公園」駅下車 徒歩5分(ららぽーとEXPOCITY 1階 グリーンサイドエントランスより直進奥左 ドコモショップ前)TEL:06-6170-1014  FAX:06-6170-1019
開館時間:午前10時から午後9時 年中無休(但し年に1度、全館一斉メンテナンスのため不定期で休館日あり)

■「太陽の塔」内部公開の詳しくは「太陽の塔」オフィシャルサイトをご高覧下さい

前のページに戻る